top

症状

一成堂整骨鍼灸院 HOME  >>  症状

組織再生促進電流

老化と不妊

私たちの身体は37兆個の細胞からつくられています。
一つひとつの細胞の中には数千個のミトコンドリアという酸素や栄養素を作り出す発電機のような小さな器官があります。細胞はミトコンドリアのエネルギーを使い新しい細胞や傷んだ細胞の修復をおこないます。細胞が老化するとミトコンドリアのパワーも衰えるためエネルギーの産生ができにくくなり老化に一層拍車がかかります。卵子も当然、細胞からつくられており、加齢により受精しにくくなります。

加齢と不妊

それではなぜ不妊の女性が増えているのでしょう?それは、女性の教育を受ける期間が長くなり社会sんしゅつが旺盛になったため晩婚化が助長され結婚、出産に大きな影響を与えたと考えられます。結果、卵子の老化率が高くなり妊娠しにくくなってしまうのです。厚生労働省の調査では初婚が29歳初産が30歳を超えるというデータがあり、妊娠率を22歳を1とすると35歳では0.5と半分の率になってしまいます。また、卵子は生まれた女の赤ちゃんの身体のなかに約100万個あるとすると35歳では10万個ほどに減ってしまいます。

外的要因による不妊

不妊は卵子の老化だけではなく外的な刺激にも大きく関与しています。第一にあげられるのがストレスです。人はストレスを受けると活性酸素が多く産生されます。活性酸素とは身体のなかに入ってきた菌やウイルスを殺す役割をもっており必要なものですが多すぎると細胞(ミトコンドリア)を傷つけて酸化(さび)させるため不妊をはじめ老化やがんなどの原因になるともいわれています。そのほかに運動不足、喫煙は卵子を変形させたり未熟卵の原因にもなります。

美容を専門とした美容鍼

妊娠に必要な婦人科の検査

夫婦間で円滑な性交渉が行われていても、男性側、女性側に妊娠を妨げる障害が隠れていることがあります。特に子宮内器官は生理痛くらいしか不調を自覚することができませんので必ず婦人科で検査を受けることが大切です。 子宮管造影検査(卵管閉塞) 子宮の中を精子が通り卵管をあがり卵管の先、卵巣の近いところ(卵管内)で受精卵が子宮に下り着床します。両側の卵管が癒着をおこしていれば精子の通り道がないため自然妊娠には至りません。

卵胞チェック

排卵期近くにエコーを使い卵胞がどれくらいの大きさになっているか計測する検査法

ヒューナーテスト

性交渉後24時間以内に子宮粘膜を採取し、その中に精子が何匹いるか、子宮の中に精子が通過できるかの検査で障害がある場合は自然妊娠には至りません。

精液検査(男性)

精子を採取し無精子症や精子の奇形、運動率を調べます。血液検査でも調べることができます。

妊娠に重要な基礎体温

基本的には低温期から整理が終わり高温期に変わるときに排卵がおこります。排卵がなければ妊娠しませんのでなんとなく流れに任せるのではなくいつもご自分の排卵日を基礎体温表や排卵チェッカーで把握しておくことが妊娠につながることになります。基礎体温表で低温期が持続している場合は無敗卵、高温期が短い時は黄体ホルモンの不全が判断できます。

妊娠に必要な性交渉の最低ライン

最近は性交渉が苦手で排卵日を狙って性交渉をもつ方が多くいます。この方法ではなかなか妊娠に至りません。理由は性交渉が月に1回~2回ですと精子自体の力が脆弱で卵管まで行きつかないことが多いからです。また、排卵は朝なのか夜おこるのか確定できませんので元気な精子がいつも排卵をまつ状態を子宮内に準備しておくことが重要です。それには排卵日を中心に月5回~6回の性交渉が理想です。不妊外来では排卵日の2日前の性交渉が最も妊娠しやすく、排卵日当日の性交渉は確率が低いというデータが出ています。

人工授精(AIH)と体外受精(ART)

人工授精は通常、女性側の排卵日を予測し卵胞の大きさを予測し排卵誘発剤(HCG)を注射し検査薬で排卵を確認します。そこに洗浄した精子を子宮内に戻す方法です。 体外受精は排卵日に子宮から取り出した卵子を精子と合わせ培養し子宮に戻す方法で胚移植ともいわれます。さらに卵子の中に特殊な管を使い直接精子を注入する顕微授精も行われています。

分割胚法

精子と卵子を培養し細胞分裂が起きた2日~3日の受精卵(胚)を子宮内に戻す方法です。

胚盤法

精子と卵子を体外培養し細胞分裂がおきた5日~6日の受精卵(胚)を子宮に戻す方法で3回に1回は着床するといわれています。 体外受精の流れとしては排卵誘発剤で卵巣を刺激し卵胞をつくります。卵胞が確認できたら血中、尿検査でホルモンの状態を測定し卵胞の発育状態が良ければ卵胞を取り出す採卵を行います。そこに培養し受精能力を高めた特に活発な精子を卵胞に合わせ受精卵(胚)をつくり子宮内に戻し黄体ホルモンを投与しさらに妊娠力を高めます。

体外受精の妊娠率と流産率は?

それでは体外受精の平均妊娠率を見てみると26歳から32歳で約40%、流産率は約18%、38歳から下降しはじめ40歳で妊娠率は約28%、流産率は約30%、43歳になると妊娠率が約12%、流産率は50%まで跳ね上がります。

妊娠に至るまでの鍼灸の作用

生理期→子宮内に貯留していた血液や不純物が排出され子宮内膜がつくられる時期 鍼灸の効用→生理期の不快な症状をなくし、スムーズに生理を終了させる。 低温期→卵胞が成熟をはじめ卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌され子宮内膜が肥厚します。 鍼灸の効用→順調な排卵を促す作用 排卵期→卵子が成熟し卵胞から出て卵管に入ります。 鍼灸の効用→卵子と精子が上手く出会える作用をします。重要な時期になります。 高温期→黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌され着床に備え子宮内膜は厚みを増します。 鍼灸の効用→受精した場合に受精卵が安定した状態で子宮内膜に留まる作用をします。重要な時期になります。 妊娠の確認 鍼灸の作用→流産を防止する作用をします。重要な時期になります。 妊娠安定期 鍼灸の作用→悪阻が少なく安産の作用。

中医学からみた不妊とは

中医学では生理が終わり一週ほどで排卵が始まり低温期になります。このときに肝で作られた「気血」と腎からの「生殖の精」が子宮に充満し卵子の発育を促しますがストレスや冷えがあると「気」の流れが停滞する「気滞」や血流が滞る「お血」がおこり卵子がうまく育たなくなります。生殖器や泌尿器の衰えを「腎」の機能低下「腎虚」といいますが腎には生殖の精が宿っているため「腎虚」が加速すると卵子の老化ひいては不妊を招きます。「腎」は卵巣機能をコントロールしているのです。

不妊のタイプ

気滞(きたい)型 不安やストレスで気が滞っている状態で新鮮な血液が身体を巡ることができず体温バランスが大きく乱れます。脳からのホルモン指示が不安定なため排卵障害がおこりやすくなります。

お血(おけつ)型

気血がうまく身体を循環しなくなり血流障害をおこした状態で生理痛や皮膚の色が悪くなります。

腎虚(じんきょ)型

過労やストレスで脳下垂体からエストロゲンが分泌障害をおこし子宮内膜に厚みが出ず排卵しないため高温期が持続しない状態になります。 上記の中医学からみた不妊の障害を鍼灸で補っていくわけです。ここがお薬ではできない大きな違いです。 当グループ院では山村式不妊鍼灸をベースに身体に冷えが強い方は温灸法を加え妊娠力を向上させています。冷えや低体温症がある方は、ほぼ筋肉ができている子宮も血流が悪いため着床率が低下しています。耳温灸、腹部温灸法で妊娠しやすい体質にかえて妊娠率を高めていきます。また、妊娠の大敵でもあるストレスは交感神経を緊張させ身体を酸化させてしまいます。人間はリラックスの神経でもある副交感神経が優位になっているときのほうが妊娠しやすくなっています。スーパーライザーの星状神経照射は交感神経の興奮を抑制し気分や身体の緊張を弛める効果があります。また、安価で抗酸化作用がある補助食品を推薦しております。これらの治療法で一日でも早期に妊娠に至る施術をおこなっております。

施術内容

両手の脈に触れ妊娠の気の流れを診ます、生理期、低温期、高温期を判別し脈からバランスの不安定な経穴(ツボ)を探し腹部、足、背中、腰の各部に約10分刺鍼してお休みいただきます。刺時の痛みはほとんどありません。腰には赤外線を照射します。鍼を抜いた後は頚椎の歪みを調整し脳の全身に対する管理能力が正常に行われるようにすることで妊娠に関する神経の働きを活発にします。最後に足の指先に小さなお灸をしてから両手の脈を診て妊娠の脈状が上昇したか確認し終了します。このほか冷えがベースにある方には温灸法を加えます。また、ストレスや疲労の蓄積が強い方には神経の緊張を弛めるスーパーライザーを照射します。(スーパーライザー照射は世田谷院のみ) 施術時間は初診時約1時間30分、再診からは約1時間ほどです。

山村式不妊鍼灸プログラム
山村式不妊鍼灸は不妊鍼灸で日本の第一人者である山村祐ニ先生の施術法です。
山村式鍼灸法のデータでは最短3週間(3回~4回)で妊娠される方もいらっしゃいます。
妊娠希望でご来院の方の約70%の方が妊娠されています。
最近のデータでは19,2回(約5ヶ月)最長38回(11ヶ月)で一年かかって妊娠される方もいらっしゃいます。
施術期間は通常、週1回のペースで早ければ1ヶ月~2ヶ月、平均3ヶ月~8ヶ月で平均年齢は36,3歳です。
人工授精や体外受精を受けている方でも施術ができます。アメリカ生殖医学会のデータでは体外受精のいずれかの移植法に鍼灸施術を加えた結果妊娠の確立が43%上昇し、これは鍼灸施術が妊娠に有効である立証になります。
また、過去5回以上体外受精で妊娠しなかった114名に鍼灸施術を加えた結果49名の方が妊娠に至っています。

適応する方
20代~40代で妊娠希望の方
第一子を出産後、なかなか妊娠されない方
人工授精、体外受精の予定のある方(何回か人工授精、体外受精を受けたが妊娠に至らなかった方)

子宮筋腫、卵管閉塞を経てCランク卵で体外受精。19回目の鍼治療で妊娠。(39歳)

    

    

    

    

    

    

    

    

    

    

    

冷え症には温灸法!

すべての病気に通ずる身体の「冷え」

手足が冷える、特に女性に多くみられる症状です。身体の表面の冷えは自覚することができますが、身体の内部に冷えは自覚することができにくく手足はそれほど冷たくないのに体温を計ると常に35°~36°程しかなくこれを「低体温症」といいます。冷えや低体温症の原因は体質的なものと不規則な生活や食生活、睡眠不足などにより徐々にホルモンバランスが乱れて血管を拡げる自律神経の機能低下により血流障害と新陳代謝が下がりおこると考えられます。体温が1°下がると1基礎代謝が12%、免疫力は30%もダウンするといわれています。免疫は身体を守ってくれる防御システムですが、たった1°下がっただけで病気になるリスクが格段に高くなってしまうことも事実なのです。冷えはお互いに協調している自律神経、ホルモン、免疫のバランスを確実に乱します。東洋医学では産まれてきた赤ちゃんを火の玉といい高い体温と母親の免疫で守られていますが、歳を負い高齢になると体温は下がる傾向になり最後は体温を死に至ります。つまり人間は火の玉で産まれ最後は冷たくなり人生に終止符を打つわけです。ですから思春期から老齢期までいかに36.5°~37°ほどの体温を温存するかが健康の大きなカギとなるわけです。お年寄りの中にも真冬でありながら汗かきでお休みになる時もふとんから足を出さないと眠れない方がいますがこういう方は体温が高めであまり病気をしない傾向にあります。

自分で出来る冷え対策

前述しました通り冷えは身体にとって大敵です。また習慣化した身体の冷えを攻略することも大変なことです。まず、冷房や睡眠不足などの生活習慣を見直し血流が改善される有酸素運動を行いましょう。身体を冷やす飲食物(レタス、きゃべつ、きゅうり、りんご、バナナ、スイカ、たこ、イカ、豆腐、そば類、砂糖、コーヒーなど)を避け身体を温める飲食物(しょうが、ねぎ、にんにく、かぼちゃ、ごま、ピーナッツ、卵、チーズ、レバー、小魚など)などの摂取に心がけます。

冷えと温灸

長年冷えや低体温があると生活習慣を変えてもすぐに体温は良い状態にはなりません。とくに女性は男性と比べると熱を作り出す筋肉量が少なくホルモン変動も激しいため冷えや低体温になりやすくなります。冷えや低体温を克服するには日常生活や食生活の改善と温灸法で徐々に体質改善をさせます。温灸は直接肌に施術する直灸と異なり棒状になったもぐさや箱の中にもぐさを入れその熱で身体の各ポイントに施灸する方法で熱くなく心地よい温熱効果を得ることができます。とくにお腹の温灸は重要でお腹のツボ(神闕)に施灸すると脳はもぐさの温熱を受け各臓器や血管の活性化を促すよう指令を出し血流が促進されます。また、腸には多くの免疫細胞がありセロトニンという幸福感を上げる脳内物質のほとんどは腸でつくられています。腰は腎兪というツボを中心に温灸をします。腎は先天の気を宿すといわれ腎の気が衰えてくるのと身体は酸化しやすくなり老化につながります。歳につれ身体が冷えてくるのは腎の気の低下によるものなのです。温灸は即効性はありませんが自律神経、免疫系、ホルモンのバランスを保ちながら冷え、低体温の体質改善をしていきます。

温灸