生理痛、月経困難症、PMS、無月経症の鍼灸治療は?

生理痛は月経時に下腹部や腰に締め付けるような痛みや鈍痛があらわれますが原因としては子宮の収縮作用があるプロスタグランジンが多量に分泌されるためにおこるタイプと子宮内膜症や子宮筋腫があるタイプに分かれますが後者は徐々に症状が進行します。

生理痛の機序

子宮内膜の脱落→プロスタグランジン(痛みの物質)の生成→子宮構成筋の収縮→血流障害による虚血→腹痛、腰痛→さらにプロスタグランジンが全身に流入→頭痛、疲労感、イライラ、不安など

月経困難症

生理時、下腹部痛、腰痛、頭痛、吐き気などが強くあらわれ日常生活に支障をきたす症状をいいます。

月経前症候群(PMS)

月経の1週~2週間前から発症し月経が始まると症状が消退していくことに特徴があり、主に下腹部痛、腰痛、めまい、乳房痛、食欲抗進、動悸、頭痛などがまた、精神的にはイライラ感、疲労感、緊張、不安、集中力欠如、不眠などの症状があらわれます。生理が始まると症状は軽減していきます。これは脳から指令され分泌される女性ホルモンのプロゲストロン(黄体ホルモン)や卵巣ホルモン(エストロゲン)の増加によりセロトニン(神経伝達物質)が刺激を受け分泌が不安定になると身体に水分が貯留し、むくみやすくなります。また、生理前は脳内物質のβ―エンドルフィン(モルヒネ作用)と脳内伝達物質のセロトニンが低下し、そのため不安やうつ状態が発生するといわれています。 東洋医学からみた女性の身体は、初潮から閉経まで常にめまぐるしい変化をとげています。それは四季と同じで生理期、低温期、高温期、高温後期を繰り返しその間に妊娠、出産があります。それらを円滑に作用させるカギが女性ホルモンと関連が深い自律神経なのです。ホルモンバランスが乱れれば生理不順や排卵障害など様々な女性にとっての不具合が出てきます。鍼灸は女性特有の症状に対応できる唯一の治療法なのです。

生理痛、月経困難症、PMS、無月経症

主に腹部と下肢を中心に刺鍼しお腹と耳に温灸をします。これは、「肝経」「腎経」の流れを整え、腹部の温灸で骨盤内の血流を改善し、耳のツボを使い遠隔から症状の改善を試みます。定期的な治療で約90%の患者様が長年わずらっていた症状から解放されております。

自律神経失調症・更年期障害とは?

神経の中枢は脳と脊髄です。その脳や脊髄から枝をもらっている神経が知覚神経、運動神経、自律神経があります。自律神経は交感神経と副交感神経に分かれ脳から伸びて交感神経節という塊をつくりながら骨盤まで達し、内臓、血管などに枝を伸ばします。自律神経は運動神経のように自分の意志では動きません。たとえば日中、身体を活発に動かすのが交感神経、睡眠時は副交感神経、恐怖にさらされたとき心拍数を安定させるのが副交感神経と言ったように交感神経と副交感神経はお互いに拮抗して身体のバランスを保っています。ところがストレスや過労などは続くと常に交感神経が興奮状態になり、また更年期になるとホルモンバランスの乱れが自律神経を刺激し交感神経が優位に働いてしまうため自律神経不快症状が出てくるのです。

なぜ、鍼灸治療で自律神経不快症状(更年期障害)がよくなるのか?

身体に刺鍼すると体内では異常信号を発します。刺鍼した部分には白血球が集まり修復作業を始めます。同時に身体はマイナス状態からバランスを取ろうと副交感神経がリラックス状態になろうと働きます。人間はリラックス状態にある時のほうが病気になりにくく、病気になっても治りが早いのです。難病にかかっている人でも落ち込まない人のほうが病気を進行させないことが多くあります。つまり鍼灸治療は副交感神経を優位にさせ病気になり難い身体つくりをするわけです。これは、科学的側面からみた鍼灸ですが自律神経不快症状や更年期障害は身体がマイナス状態にありますから脈診、舌診、腹診などで乱れた経絡をみつけ補う鍼灸法(補法)で施術することで身体は元気になろうと反応を示します。定期的に鍼灸治療を施すことで徐々に不快症状が回復していくわけです。そこが鍼灸治療とお薬や注射との大きな違いです。

自律神経症状の症状は?

◎ひどく肩がこる
◎イライラする
◎不眠
◎めまいや耳鳴りがする
◎頭痛や頭重感がある
◎不安感がある
◎気分が優れない
◎疲労感が抜けない
◎生理周期が乱れる
◎動悸や息切れがある
◎頻尿で尿漏れする
◎のぼせる
◎血圧が高くなる
などの症状があらわれます。
   女性特有のお悩み
女性特有のお悩み
   女性特有のお悩み
女性特有のお悩み

 

鍼灸で「腎」の機能を回復させる!

主に「腎」の機能低下が自律神経症状や更年期障害を引き起こす要因になっています。東洋医学では臓器を肝、心、脾、肺、腎の五臓に分けて考えます。この中で自律神経症状や更年期障害は「腎」の衰弱でおこると考え「心腎不公」といい心は精神、腎は生殖機能を指します。「腎」は生命力の源を宿す臓器ですが年齢ごとに衰え始はじめ他の臓器にもマイナス影響を与えるため身体にいろいろな症状があらわれるのです。とくに女性は生理や妊娠といった男性と異なった機能を有しているため「腎」かかる負担は大きくなります。

「腎」の機能低下→腎虚→ホルモン分泌の乱れ→自律神経の命令系統の乱れ→自律神経不快症状や更年期障害がおこる。 鍼灸では腎の流れを中心に全身のバランス調整をとりますので、不快症状は穏やかに緩快し女性本来の健康的な身体つくりをしていきます。

比較的早期に緩解しやすい症状

1 生理痛、生理不順

2 動悸

3 頭痛

4 不眠

5 めまい

比較的治療に時間を要する症状

1 不安感

2 冷え

3 肩こり

4 血圧が高くなる

5 耳鳴り

女性特有のお悩み

女性特有のお悩み

 

鍼は症状により異なりますが主に頭、お腹、足、背中に刺鍼します。国産最高級の細い鍼を使用しますので、ほとんど痛みはありません。治療後すぐに症状の緩解がみられる方もいらっしゃいます。 生理痛、PMS、自律神経不快症状、更年期障害の鍼灸治療は、まさに女性の身体にあった最も優しい治療法です。

Follow me!